アトピーのゴワゴワ状態「象の皮膚」について


常日頃から乾燥しがちなアトピー肌ですが、一部の時期にはいつもより酷い乾燥状態になってしまうことがあります。
この時期には肌がゴワゴワと硬くこわばってしまい、ちょっと動くだけで皮膚が破れてしまったりするなど、とても不快な思いをすることになってしまいます。

この状態は「象の皮膚」と呼ばれています。
これは肌がまるで象のようにゴワゴワと硬くなり、そこに細かいシワが刻まれた様子から名付けられたものです。

象の皮膚状態となったアトピーを改善するには、その強い乾燥をやわらげる必要があります。
オイル系の保護剤などを塗って肌に水分を与え、皮膚をやわらかくしましょう。

ただしオイルを塗ることで皮膚のかゆみや赤みが強くなってしまうこともあります。
これを避けるためにも、オイルは植物性かつ浸透性の高いタイプを選びましょう。
そういったオイルを用いても症状が出てしまう場合は、残念ながら肌とオイルの相性が悪いのだと思われます。すぐに使用を取りやめましょう。

もちろん、病院の診療を受けるのもよい選択です。
象の皮膚状態への対策としては、しばしばステロイド系の塗り薬が処方されます。これはアトピー治療の定番とも言えるもので、象の皮膚などの各種症状を緩和してくれる効果が期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です